<< 阿賀野出ねー!! トランシーバーって、相方が居な... >>

ゲボスケ試着

はい、ファイアフライから発売の、タナカ製リボルバー用チャンバーパッキン。『ゲボスケ』を買って試着してみました。

a0129848_22070118.jpg
あー、ゲボスケってまたとんでもないネーミングだなぁ。個人的にゲボって吐瀉物のイメージが(お食事中の方ごめんなさい)。
一応内容としては、Y字パッキン6個。Oリング12個がセットになってます。ちなみにチーフは5連発なので1つ余る……。
初め6連発のディテクティブに付けようかなとも思ったんですが、あんまり使わないしカスタムする気も無いので1つ余らせる事に。
……まー、後2挺センチニアル買って全部コレに代えれば6個余るし、やっちゃいましょ。

a0129848_22070460.jpg
はい。多分自分が使ってるチーフシリーズの中で、一番よく使ってるM49ボディガードに入れてみました。
そう言えば、グリップがやたらツヤツヤしてきたので研磨して、亜麻仁油で再フィニッシュ。塗ったばかりは真っ黒になってたんですが、徐々に木目が復活して来てこんな感じに。

(比較画像)
a0129848_0195628.jpg
艶も色合いも変わったのが判って頂けるかと(撮影環境が違うので、色合いに関しては微妙ですが……)。
で、交換に関してはかなり簡単。シリンダーを外してパッキンを交換するだけ。
ただ、1発に対してY字パッキンとOリング2つを使うので、装填状態で逆回転させるとタンク前面のマガジンにOリングが落ちます。
しっかり押し込めばまた違うのかもしれませんが、危うくOリングを駄目にするとこでした。こわやこわや。

で、約2m弱から5発試射。

a0129848_22070605.jpg
左が交換前。右が交換後のグループ。
……交換前がややガク引き気味だったとは言え、結構差が。うーん、2千弱掛けてこのグループが手に入るならお徳かなぁ。
あ、でもローダーでの再装填はやりやすくなった。でもOリング落ちが発生するので、5発しか入れられない(タンク前面のリザーブマガジン使えない……)のがガンか。
一箇所だけ純正のまま。と言う方法も有るけど、うーん……。

[PR]
by M933 | 2013-11-09 22:30 | エアガン | Comments(2)
Commented by ヒルドルブ at 2013-11-10 21:19 x
どうもですノ

グリップの色合いイイ感じですね

ファイアフライのカスタムパーツってなんであんなネーミングなんですかねぇ?クラゲやらナマコ、アタリメとか…
硬さも甘口とか辛口とか
なんかを狙ってんですかねぇ
ナマコの甘口って酒のツマミみたいですな
不思議に思えます(笑)

パッキンってちょっと高い気がしますがこんなにグルーピングが変わるもんなんですね~(しみじみ
やはりカスタムパーツを名乗る事はあるのかな?
まぁ、組み込みの上手い下手も関連してくるんでしょうけどもね
Commented by ゴタロー at 2013-11-16 16:08 x
返信遅れて申し訳無いです。

このグリップは意外と苦労してたりするんですよね……。
以前はニス塗って失敗し、結局的に亜麻仁油に(ボイル油ってのも有るそうですが、乾燥時間ぐらいしか違いが無いそうな)。

ファイアフライで一番酷い名前はやっぱ『すかしへ』でしょう。
確かに発射音似てる様な気はするけどさぁ……。

このパッキン、抵抗を軽減して初速向上を図るパーツの様なので、メリットデメリットがモロに出ますね。
確かに2m弱でのグループは向上してるんですが、今度は0.2だとフライヤーが発生する事態に……。
上手い下手より、自分のプレイスタイルでの取捨選択でしょうかね。
チーフは緊急用なので、無理にゲボスケ入れる必要性は無いかなぁ……。
<< 阿賀野出ねー!! トランシーバーって、相方が居な... >>